読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こうにっき

KOUってひとが適当にやります。

北上姉妹の芸術鑑賞

私達は噛み合わない。凸と凹ではなく両方凸だからだ。心の出っ張った部分ばかりぶつかり合って、すり減ってしまった。何処かへ行ってしまったあの人と、また逢えたとしてもきっと二人が噛み合う事はないだろう。


「おーい、起きろー」

…眠い。一体誰だ?まだ私は寝ていたい。私の頭はきっちり八時間睡眠をとらないと働かないのだ。

「昔と変わらずお寝坊さんだな〜イデちゃんは。」

…そういえばこれは誰の声だ?こいつ、私の部屋に無断で入っているじゃないか!!

「何者だっ!」

パジャマ姿の私がベッドから飛び降りると、ガラ空きの窓にはここ数年見ていない、けれどよく知った顔があった。

「な…お前…!?」

「久しぶり〜イデちゃん!大きくなったな〜!」


私は北上伊凸。そして私の姉、北上凸亜。彼女は三年前に消息不明になっている。聞くところによると北上家の規則や礼儀作法にウンザリして家出したという話だ。とんでもない不良娘。だというのに彼女はここに居る。しかも屋敷の三階の窓から入ってだ。

「貴様、今日この日までどこで何をしていたんだ!?北上家の超能力を悪用したりしてないだろうな!?」

「まあまあ、そんな事どうでも良いじゃん?」

「どうでも言い訳あるかっ!ここで待ってろ、お父様を呼んで来る!」

部屋から出ようとする私の前に、一瞬の間で彼女は立ち塞がった。

「ストップ。それはダメだ。卍郎が俺のことを知ったらなんとしてでも連れ戻そうとするから。もし告げ口したら…どうなっても知らないぞ?」

「ぐ…北上家の恥晒しめ!何をしに来た?」

「イデちゃんと行きたい所があるんだよ〜。一緒に行こうぜ。"芸術鑑賞"に!」


あの女は待ち合わせ場所と時間を一方的に指定して立ち去っていった。県内最大の美術館、星野美術館に午後七時にやって来いという話だが…怪しい。怪しすぎる。普通に考えたら行くわけがない。しかしあの問題児を放っておいたら何をするか分かったものじゃない!私は渋々、星野美術館へ赴くことにした。


「凸亜、ここはもう閉館しているじゃないか。」

「うん。知ってるよ。それじゃ行こうか。」

「凸亜、入り口は閉まっているじゃないか。」

「そうだよ。だからイデちゃんに壁を破壊してもらうんだ。」

「凸亜、これから何をするつもりだ?」

「芸術鑑賞だよ。ついでにちょっと展示品を一枚貰っていくけど。」

「凸亜、それは窃盗という犯罪行為じゃないか。」

「大丈夫。捕まらなければ犯罪じゃない。」

なんということだ。こいつ、やはりろくな事を考えていなかった。

「冗談じゃない、私は帰るぞ!」

「ちょちょ、ちょっと待てって!別に訳もなく盗み出す訳じゃないからな?一旦話を聞いてくれ!」

私は振り向かずに立ち止まる。またくだらない事を喋るようだったらすぐに帰るつもりだ。

「ここに展示されてる一枚の絵を知ってるか?ビルストーンハムが描いた呪いの絵画。正式名称はハンズ・レジスト・ヒム。この絵の持ち主は皆不可解な死を遂げていてね、見た者全てを呪い殺すとも言われている。」

ほら始まった。凸亜の怪談話。私の姉は昔からオカルトだとか心霊現象だとかいったものに興味津々だった。私も小さい頃よく怪談話を聞かされてトイレに一人で行けなくなった苦い思い出がある。

「あ、信じてないな?ついこの間幽霊退治をして来たんだからちょっとは非科学的な力を信じてみても良いんじゃないか?」

…なんでその事を知っているんだ。しかし私がわりと最近超常現象に遭遇したのも事実。呪いの絵画とやらが作り話だと断定するのは難しい。

「まあそれは作り話なんだけどな。」

「…は?」

「話題作りのための嘘だよ。呪いの絵画として有名になったその絵は、オークションで数百万円の値段がつけられたんだ。そんな絵を盗み出すことに成功したらさ、そりゃもう…」

「帰る。」

「冗談だよ、冗談!嘘も百回言えば真実になるって聞いたことないか?たくさんの人々に信じ込まれた呪いは、いつしか形を得て本物になってしまったんだよ!」

「ええい、結局呪いは本当なのか嘘なのか、どっちなんだ!!」

「本当だ。早ければ明日にでも美術館の人を襲うだろうな。俺の目的は被害が出る前にその絵画を回収、もしくは破壊すること。だからイデちゃんを呼んだのさ。」

うーむ…半信半疑だが仕方あるまい。私は壁を粉砕した。声で物体を破壊する私の能力によるものだ。【粉砕】の文字通り、壁は粉ほどに細かく砕け散る。


美術館の中には外壁から侵入した不審者がふたり。抜き足、差し足、忍び足。チーズを盗み出すネズミの様に、真っ暗闇の中を静かに進んで行く。

凸亜は迷路のような館内のつくり、警備員の巡回ルート、監視カメラの死角を完璧に把握していた。さながら作り話の中に登場する怪盗だ。あとは私が失敗をしなければ良いだけの話なのだが、ああもうなんだってこんな時に鼻がむずむずするのだろう…

「へっくしゅ」

「誰だ!?」

やってしまった。二人組の警備員がこちらへ向かって来る。今は曲がり角に隠れてあちらからは見えないが、それも時間の問題だ。警備員が角を曲がって私達の姿を確認しようとする…


その時、稲妻が走った。

感電した警備員は音も無く床に倒れこむ。北上凸亜の両腕からは紫に光るプラズマが迸っていた。

「す、すまない…相変わらず衰えていないな、貴様の静電気増幅能力は。」

「手荒な真似はしたくなかったんだけどね。さあ、脱がすの手伝って。」

「へ?」

「こいつらの制服を頂戴するのさ。この暗がりなら充分な変装になる。」

「は、はぁ…」

そうしてサイズの合わない警備服を着ることになった。私は全身ダボダボ、凸亜は逆に胸元辺りが窮屈そうだ。しかし変装の効果は意外にも大きかった。何度か他の警備員に見られたが、ある程度離れていれば怪しまれることはない。そうして私達は強化ガラスに包まれた目的の絵画の前に到着したのだった。


絵の内容は、1人の少年と少女の形をした人形が窓の手前に立って居るというもの。だが窓からは無数の手が伸びていて、なんとも気味の悪い絵だった。

「さあイデちゃん、強化ガラスを壊せるのは君だけなんだ。やっちゃってくれ!」

「その前に聞いておきたい事がある。この絵画を回収すると言っていたな?何のためにだ、ここで破壊してはいけないのか。」

「うーん、別に壊しても良いんだけどさ。どうせなら俺の"恐怖!世界のオカルトアイテムコレクション"に加えたいとか思ってたり思ってなかったり…」

「貴様、やっぱり私利私欲のためにこれを盗むつもりだな!?」

「違う!これは世のため人のため正義のためで…」

「黙れ不良娘!絵画はここで破壊する!」

「わー!!やめろ!!このカタブツ!くそまじめ!そんなんだから女の子らしくないって言われるんだ!」

「何ぃ!?女性らしさを欠いているのは貴様の方だろうが!」

私と凸亜で取っ組み合いの喧嘩が始まろうとしていた時だった。


突然、ガラスが砕け散った。

「イデちゃんそれから離れろ!!…クソ、間に合わなかったか!」

私はとっさに距離を置いたそれに、あり得ないような光景を見せられた。

絵画の中から少年と少女人形が這い出てきている。屏風の中の虎ではあるまいし、そんな事が起こりうるのか?

「戦闘開始だイデちゃん、気を引き締めろよ!」

眼前にはふたつの人型が佇んでいた。真紅に輝く双眸から放たれる視線からは、剥き出しの殺気が痛いほどに伝わってくる。

先に動いたのは少女人形。非現実的な跳躍力でこちらへ飛びかかって来た。私は大きく息を吸い込み、

「Aaaaaaaaaaaaaaaaa!!!!!!」

また大きく声を上げる。人形の材質は木であると推測した。それに対応する周波数の音波を放ち、そして破壊する。あと残るは少年のみだ。

少年は不気味な笑みを浮かべ、小さく手を上げた。すると人形の欠片は、まるで時間が逆行したかのように元どおりに復元した。

「人形をやってもすぐに直されちまう…まずは男のガキからだ!」

凸亜の指から放たれた電流の束。それは一直線に少年へ向かって行く。稲光は標的の体を貫いた。

だが効き目がない。霊体には現世のいかなる攻撃も通用しないのだ。少年はこちらの番だと言わんばかりに凸亜目がけて突進して来る。それをひらりと躱した彼女だが、その背後には少女人形の影が…!

「凸亜、危ない!」

咄嗟に凸亜を突き飛ばす。しかし、代わりに私が人形の拳を受けることになってしまった。

「ぐっ…!!」

「伊凸!?」

硬く、そして重い一撃を土手っ腹に食らってしまった。その痛みに思わず膝をつく。

「おい…」


「俺の可愛い妹になにしてくれてんだテメエエエエエエ!!!」

「…!?」

あんなに怒った凸亜は初めて見る。彼女はポケットから何かが入った容器を取り出した。あれは塩…だろうか?

「お前の弱点は知ってるんだ、こいつだろ!?塩分は霊体を固形化するからな…そら、くらいな!」

振り撒かれた塩は少年に見事命中。

「俺の大切なもんに手ぇ出したらどうなるか、その身で味わえ…!!」

そして次の瞬間、その体は今度こそ稲妻に貫かれていた。

少年霊が倒されると同時に少女人形もその姿を消滅させた。凸亜はすぐ私に駆け寄る。

「おいイデちゃん、大丈夫かよ…!?」

「この程度ならなんともない…それよりなんだ。貴様、私の事をそんな風に思ってくれていたのか。」

「な、なんだよ…お前は俺にとって世界でたった一人の姉妹だろ、悪いかよ…」

「フッ、そうか。あの鮮やかな戦闘といい、多少見直したぞ。」

気まずくなったのか、凸亜は私からは目を逸らして例の絵画を取りに行ってしまった。

…ん?絵画を取りに行った?ちょっと待て!!

「おい、もう呪いを倒したんだからそれを回収する必要はないだろう!」

「やだな、これは報酬であり戦利品だよイデちゃん!」

「この犯罪者!おい待て、逃げるんじゃない!」

「ここの壁を壊した時点でイデちゃんも器物破損の罪に問われるもんね〜!!」

「貴様あああああああ!!!」


私達は噛み合わない。凸凹ではなく両方凸だからだ。やっぱり二人の間は摩擦ばかり。それでも何処かで繋がっていると信じたい。世界でたった一人の、大切なもの同士だから。